神戸市でお墓、霊苑、樹木葬のご相談は株式会社花元石材

お墓の事なら何でもお問い合わせを 0120-30-3794

寿陵墓と永代供養墓について

核家族化や墓地の不足により、生前に自分自身のお墓を建てる方々が増えています。また、昨今の少子・高齢化で後継ぎがいない場合、お墓をどうするかという問題があります。

寿陵墓について

生前に建てたお墓を「寿陵(じゅりょう)」といい、 長寿や家運隆昌がかなう縁起の良いものとされています。

「自分のお墓は自分で選びたい」「家族に迷惑を掛けたくない」「自分の気に入った墓碑銘や石、場所などを選びたい」など、 生前に自分自身のお墓を建てる寿陵が増えています。その背景には核家族化や墓地の不足があります。

また、寿陵墓には相続対策としてのメリットがあります。 お墓は相続税の対象になりません。親が寿陵を建てれば相続時に除外されます。 もし寿陵がない場合は、相続人は新しくお墓を建てる必要があります。その資金は相続財産から排除されないので、 相続税がかかります。寿陵があれば相続税の対象ではないので、その費用分は相続税の節税になります。

永代供養墓について

昨今の少子・高齢化で後継ぎがいない場合、
お墓をどうするかという問題があります。
永代供養墓は、お墓の承継者がいらっしゃらなくても、
霊園側が永代にわたって供養するお墓です。

永代供養墓は規格墓のため、
デザイン墓のような意匠を凝らすことはできませんが、
石碑にお好きな言葉や手書き文字を刻んだり、石の種類を変えることは可能です。 お墓の承継者がいない場合は永代供養墓をご検討ください。

永代供養墓をご検討の方におすすめの
「神戸平和霊苑」のご案内はこちら

この内容で満足

この内容で満足いただけましたか?
ご質問のある方は、「ご相談窓口」より、花元石材のお墓ディレクターへご相談ください。
お墓選びのポイントについて知りたい方、霊園を探したい方へ、以下のページをご用意しております。
こちらもご覧ください。