神戸市でお墓、霊苑、樹木葬のご相談は株式会社花元石材

お墓の事なら何でもお問い合わせを 0120-30-3794

花元石材ブログ

2016-07-05 11:13

さとりちゃんのつぶやき

≪7月のさとりちゃんのつぶやき≫

[手を合わせる]

お墓参りをすることで、故人を偲び、思い出にふけ、日頃の報告をし、心打ち明け、そうする事で、故人を感じる事が出来るのではないでしょうか。お墓は人生最後の安住の地であり、後に残された人の想いが集う場所です。

中には、ご先祖様が遠くて、お墓参りに行けない方もいらっしゃるでしょう。日頃から気持ちに寄り添い、感謝の気持ち忘れずにいれば、ご先祖様にしっかり届いていると思います。

人は、何かを頼んだり、お願いしたり、ありがとうと言う気持ちや、ごめんなさいと言う気持ちになった時に手を合わせます。お墓の前や仏壇の前、大きな空を見上げ故人や大切な人を思い、手を合わせる事って誰でも経験ありますよね。

自分自身が一番素直な気持ちになった状態、心安らかな気持ちになっているのではないでしょうか。また、大きな力を持った存在に、頼りたい、すがりたい、助けてほしいという気持ちの表れでもありますね。

手を合わせるという気持ちは、感謝と尊敬との意味があります。

でも、「ご先祖さんに手を合わせるとかよくわからない」と言う方もいるかもしれません。亡くなられたご先祖様を思って下さい。そして、今の自分までを辿ってみると、命が繋がっています。

今自分がいるのはご先祖様がいたからという事は、感謝すべき事なのです。

 

お墓参りはしなければならないのではなく、お墓参りをしたいと言う気持ちが大切なのです。そして 故人を忍び、静かに手を合わせることでご先祖様の供養に繋がるのではないでしょうか。

お墓に関することは、ぜひ花元石材にご相談ください。

images6TBAA3FF